困ったら専門家に相談する

女性

相続に関しては詳しい知識がないと複雑な問題が沢山出てきてしまうことがあります。その場合には一人で何とかしようとせずに、専門家に相談をするべきです。静岡にもそのことに詳しい専門家が沢山います。ですから静岡にお住まいの方で相続問題で困っていたら、詳しい人に聞いてみるのが良いです。

詳しくはこちら

素早い行動が求められる

PC

多額の借金を相続しなくともよくなる制度があります。それが相続放棄です。しかし、相続放棄をするためには条件があり、相続が発生したことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述書を提出しなければなりません。期限が決められているため、スムーズに手続きを進めるためには専門家に相談することが重要です。

詳しくはこちら

死後の準備について

相続に関する相談を静岡でしたいならこちらのサイトを参考にしましょう。親身になってサポートしてくれる相談事務所を紹介しています。

自分でできることについて

PC

死んでしまえば、体を動かすことができなくなってしまいます。自分で喋ったり、文字を書いたりすることはできなくなってしまいますので、あとは遺族の為すがままにされるしかないと思っている人が少なくありません。しかし、死後に自分の意思を実現させる方法が用意されています。それは、遺言書を作成しておくという方法です。遺言書を残していなかった場合は、自分が残しておいた遺産を相続人の好き勝手に処分されてしまいます。生きている間にお世話になった人に、お礼の意味を込めて財産を贈りたいという希望を持っていたとしても、遺言書にその旨を書き残しておかないとその願いを叶えることができません。静岡県内には、遺言作成サービスを提供している法律事務所や法務事務所がたくさんあります。静岡にお住まいの方が、相続に関して特別な希望を持っている場合は、専門家の遺言作成サービスを利用してみるとよいです。インターネットを利用すれば、静岡県内で遺言作成サービスを提供している事務所を簡単に見つけ出すことができます。

遺言書でできることとは

遺言書は、故人の最期の意思を示す、とても重要な文書です。知らない人の方が多いかもしれませんが、遺言書は非常に強力な法的効力を有しています。たとえば、相続人全員が合意しない限り、遺言書に書かれている内容以外の方法で遺産を分けることはできません。また、相続人全員が合意していたとしても、遺言執行者が指定されている場合は、相続人が任意に遺産を処分することができない決まりになっています。ですので、静岡にお住まいの方が、自分の思い通りの遺産相続を必ず実現したいと思っているのであれば、弁護士や司法書士と契約を結んで遺言執行者になってもらうとよいです。ただし、その旨を必ず遺言書に記載しておかなくてはなりません。また、遺言書を使えば、死後認知をすることができます。簡単に言うと、愛人に産ませた子供にも遺産を相続させてやることができるようになります。これは、遺言書でしかできない認知手続きですので、そうしたいという希望を持っている人は検討してみることをおすすめします。

借金の返済に困ったら

女性

債務整理の手続きにはいくつかの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。最も人気がある手続きが任意整理と呼ばれる手続きです。手続きを行う際には弁護士や司法書士に相談することで、スムーズに行うことが出来ます。

詳しくはこちら